ゴルフ初心者の女子が通うべきゴルフスクールの特徴

2021.5.05

ゴルフ初心者の女子の中には、もっと上手くなるためにスクールに通うか迷っている人がいると思います。

スクールに通っていた私の母に聞いたところ、女性のインストラクターがいるスクールや女子生徒が多い教室は、女子ゴルファーが快適に成長できる仕組みがあるので、「最初だけでも通うべき」だそうです。 


ゴルフ初心者の女子に向いているスクール特徴

ホームページにコーチの写真とプロフィールが載っている

そのスクールに通うか判断する要素に、どんな環境なんだろう?
自分と合いそうなコーチがいるかな?

などがあります。
ホームページに写真とプロフィールがあると、体験レッスンを受ける前に、自分と合いそうなコーチがいるか判断しやすくなります。

どうせなら相性のよさそうな、好きになれそうな人から指導を受けたいですよね。 例えば、学生時代に勉強が好きになる要素に、先生との相性がありました。

「あの先生が好きだから、あの科目が好きになった!」

というような話を、よく耳にしたでしょう。 運動部の部活動においても、顧問や指導者と仲が良い人は、上達が早くなります。

ゴルフレッスンも同じで、相性のよいコーチにレッスンしてもらうと、より早く成長できます。

レッスンプロには様々なタイプがいて、ゴルフを好きになってもらうことを重視した、楽しく盛り上げてくれるコーチもいますし、上達することに重点を置いた、細かく厳しく指導してくれるコーチもいます。

ホームページにコーチのプロフィールや指導方針が掲載されていると、自分と合いそうかイメージしやすくなります。  

女性インストラクターがいる

接近したときに同姓の方が安心できる

スポーツの指導なので、スタンスやスウィングの位置を修正されるときに、インストラクターとの距離が近づくことがあります。

お手本のスウィングを見せたり、クラブの軌道などを説明しても伝わらない場合に、生徒が構えているクラブを手で持って動かすことがあります。

信頼している相手なら問題ありませんけど、そのコーチから教わり始めてから日が浅いと、意外に気になるようです。

その相手が異性だと気になる場合でも、同性だと気にならないことも多いそうなので、異性のコーチに接近されて気になる女子ゴルファーは、女性コーチに教わることをオススメします。

体つきや考え方が近い

体形や思考が近いと共感できる部分が多くなるので信頼感も増しますし、適したアドバイスを受けられることが多くなります。
もしも、生徒が小柄な女性だとして、小柄な女性のコーチから指導を受ける場合と、大柄な男性のコーチから指導を受ける場合、どちらのコーチが適した指導をしやすいでしょうか?

生徒の問題点を理解しやすいのは、生徒と近い体格のコーチではないでしょうか。

「私も小柄で大変だった」だとか「小柄なので短い距離の調整がしやすい」といった、同じ体格であるからこそ受けられるアドバイスもあります。

そもそも、スポーツにおいて体格が優れていることは、かなりのアドバンテージになります。

だからこそ、アドバンテージの小さい人が、アドバンテージの大きい人からアドバイスを受けても、素直に受け入れられないことがあります。
さらに、性別が違うと、「そのスウィングは男性だからできるんじゃないの?それは私に合った教え方かな?」と疑ってしまうこともあるかもしれません。

そういった精神的な部分も含めて、同じ性別で体格の近いコーチがおすすめです。 内面は接してみるまで分かりませんけど、見た目で分かる部分があるのなら、自分と近そうなコーチを選ぶべきです。
 

生徒の女子比率が高い

ゴルフを始めたての女性は、女子比率の高いスクールが通いやすいようです。

それは、女子ゴルファーが多いスクールは、女性が快適にレッスンを受けられる環境が整っているからです。

例えば、学生時代に学校のクラスに男子が30人にて、女子は5人のような環境だとしたら、校舎のトイレや更衣室は男性が使いやすい設計になるので、女性は別のフロアに移動しないとトイレに行けないかもしれません。

食事に関しても、男性向けのボリューム満点で濃い味のメニューが多くなります。

そういった環境は、女性にとっては居心地が悪いと感じるはずです。 逆に、女性が多い学校は、女子が快適に過ごせる雰囲気になっていることが多いので、男子の居心地が悪くなるようです。

以上のことから、女性が多いスクールは女子が通いやすい環境なのだと言えます。

気兼ねなくゴルフに集中するためにも、初心者の女子ゴルファーは、女性の比率が高いスクールをおすすめします。

目安として、女性インストラクターが所属しているスクールは女子生徒の比率が高くなるので、ホームページなどから女性コーチが在籍しているスクールを探してみてください。

SUPERVISER この記事を監修した人

 class=

インストラクター 新實 優太

公益社団法人日本プロゴルフ協会 ティーチングプロ会員 学生時代にアメリカへ短期ゴルフ留学高校卒業後にオーストラリアへゴルフ留学しゴルフの勉強をしてきました。 ゴルフは年齢問わずいくつになっても楽しめるスポーツです。基本を大切にしていけば上達の近道です。 これからゴルフを始める方も経験者の方も是非お越しください!皆様のゴルフライフが楽しくなるようサポートさせて頂きます!